トップページスタッフブログ営業推進部本宮にお住まいの方必見!子育てに適した住宅の間取りとは?

スタッフブログ

本宮にお住まいの方必見!子育てに適した住宅の間取りとは?

子どもがいるご家庭では、家の間取りにも気を使う方が多いのではないでしょうか。
特に小さな子どもがいる場合は、どのような間取りにするかによって子育てのしやすさや、どのような子どもに育つかなどにも影響してくるかもしれません。
そこで今回は、子どもの子育てに合った間取りについてご紹介していきます。
現在幼い子どもがいて、家の購入を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。


□赤ちゃん期

生まれてから1〜2年ほどの乳児の時期には、子どもが常に目が届く範囲にいてほしいですよね。
リビングに赤ちゃん用のベッドを置いて、キッチンやダイニングからでも子どもが見えるようにしましょう。
また、この時期は色々と気を使うことも多く、家事との両立も難しい時期ですので、家事動線を考えて効率よく家事ができるような間取りにしておく必要があります。


□小学校入学まで

この時期になると自分で様々なおもちゃを使って遊ぶようになってくるので、おもちゃを片付けられる収納スペースが必要になってきます。
また、まだまだ目が離せない時期でもあるので、リビングやキッチンから子どもが見えるような間取りにしておくと良いでしょう。
子ども部屋を与える場合も、リビングから離れすぎずオープンな場所の方が安心できます。


□小学校時代

小学生に上がると毎日の宿題や予習など勉強をすることが多くなってきます。
最近の子どもはリビングで勉強することも多いので、リビングの一角に勉強スペースを設けることで、お母さんやお父さんが勉強を教えたり、家族のコミュニケーションを促進することができます。


□思春期

中学生~高校生は多感な時期で、親との距離も少しずつ離れてくるので適切な距離感を保つことが大切です。
自分の部屋を与えることも多いですが、常に部屋にこもってしまい全くコミュニケーションがなくなってしまうことも考えられます。
ですので、子ども部屋に行く際にリビングを通るような動線の間取りにすることで、子どもが学校から帰った時などに会話が生まれます。


□まとめ

今回は、子どもの子育てに合った間取りについてご紹介してきました。
各年代ごとにおいて様々な間取りがありましたね。
色々な苦労がある子育てですが、家の間取りを一工夫することによって少しでも負担が軽減されるかもしれません。
また、家の間取りが子どもの成長に及ぼす影響も少なくないと言えます。
現在、幼い子どもがいて家の購入を検討しているという方はぜひお役立てください。

  • 0
  • 2
  • 1
  • 4

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.