トップページスタッフブログ営業推進部【中古マンションで後悔したくない人へ】見学の際のチェックポイントをお伝えします

スタッフブログ

【中古マンションで後悔したくない人へ】見学の際のチェックポイントをお伝えします

「中古マンションを買いたいけれど、失敗したくない」
こういった不安を抱えている方は、見学時に注意深くチェックポイントを確認することを意識しておくといいでしょう。
実際に住んでから後悔しないために、しっかり住んだ後のことを想定できる視点をもっておけば安心して購入を決めることができます。
今回は中古マンションの見学時に気をつけておくべきチェックポイントをご紹介します。

□マンションの全体的な印象はどうか


新築よりも価格を抑えられるのに加え、すでに人が住んでいるマンションに実際に見学にいけるので、住んだらどうなるのか現実的に想定しやすいのが中古マンションのメリットです。
実際に人が住んでいる状態のマンションの雰囲気で住みたいと思えるかどうかは直感的だとしても重視すべきチェックポイントなのではないでしょうか。

□管理が行き届いているか


マンションが全体的にきちんと管理されているかにも注目してみましょう。
特に共用部の汚れや匂いは細かくチェックしてください。
廊下や壁、ゴミ置場の清掃がきちんとされているということはマンションの管理が行き届いていて暮らしやすいということを指すので、住みやすいマンションの指標の一つでしょう。

□どんな人たちが住んでいるのか


実際に住人がいるのでデータや全部の部屋の中を見れるわけではなくでも、どんな層の人たちが住んでいるのかは見学時に感じることができるでしょう。
駐車場の車種が高級外車なのかファミリー向けの車なのか、もしくは玄関の外においてある傘や物で子どもがいる家庭の割合も想定できるものです。
自分の暮らしとそのマンションの他の住人の暮らしが合うかどうかはこういった点から判断することもできそうです。

□住人の話を詳しく聞く


売主がまだ住んでいる部屋の内見をさせてもらえるケースでは、住んでみないとわからない住み心地を色々質問してみましょう。
洗濯物の干し方や風通し、騒音、買い物事情などがあらかじめ聞けるのはとても有用な情報収集になります。
この際にあまりプライバシーを侵害するような質問をするのは避けましょう。
初対面ですし、いずれは同じマンションの住人になるかもしれない繋がりですので、失礼のないようにしましょう。

□まとめ


今回は中古マンションの見学時にみておくべきチェックポイントをご紹介しました。
新しい建物ではないゆえの注意も必要ですが、実際の生活を見学できるメリットを生かして理想の新生活を手に入れましょう。
ぜひ今回の記事を参考に、後悔しない中古マンションを見極めてみてください。

  • 0
  • 1
  • 8
  • 9

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.