トップページスタッフブログ営業推進部郡山市で物件探し中の方へ|リフォーム物件を選ぶ際の注意点とは?

スタッフブログ

郡山市で物件探し中の方へ|リフォーム物件を選ぶ際の注意点とは?

リフォーム物件の購入を検討されている方は、どんな点に注意して選んだらいいのかご存知ですか?
綺麗に直されているからといって新築と同じような感覚で考えている方は要注意です。
リフォーム物件ならではの注意点を知らないと、買ってから後悔するかもしれません。
今回はリフォーム物件の購入の際に気をつけておくべき注意点をご紹介します。

□これまでの施工を詳しく見られるか


表面上だけの修理で基盤が劣化したままになっているせいで住んでから問題が発生することを避けるためにも、工事の過程がしっかり残されているか確認しましょう。
物件の情報を不動産会社で聞く時に、工事箇所やこれまでの工事履歴が施工写真と共に図面や書面で見せてもらえるかも合わせて尋ねてみてください。
しっかり情報がまとめられている物件は安心できる可能性が高いでしょう。

□耐震性


古い建物はダメージの蓄積もあり、耐震性に注目せずに購入することは絶対に避けましょう。
日本は地震大国ですから、今後の修繕費はさることながら大規模地震の際の命にも関わるかもしれない問題です。
建物自体が1981年よりも前に建てられた物でないか確認することが大事です。
1981年に大きく耐震基準が見直されたため、それ以前に建てられた建物は大規模な地震に耐えることができないかもしれません。
建築以降に行われた耐震工事があるかどうかと合わせて、注意しましょう。

□防音性


リフォーム時に間取りを変更した場合、防音性が保たれていない場合があります。
一軒家だとマンションよりも懸念は少ないですが、家族の中でも部屋間で防音が十分にないと暮らしにくいですよね。
畳の部屋をフローリングに張り替えているケースは特に注意すべきです。
畳よりも薄く仕上がるので元々の床よりも足音が響きやすくなります。
一階と二階との間で足音が響くと不快ですし、他の家族の足音が気になる家は住みにくいでしょう。

□住宅ローンの減税


リフォームされた中古住宅でも住宅ローンの対象になります。
しかし、床面積や耐震基準、所得制限などがあるので購入前に条件を確認しておかないと想定より
費用がかかる恐れがあります。

□まとめ


今回はリフォーム済の物件を購入するときの注意点をご紹介しました。
リフォーム物件の特性を理解してお得で住みやすい住宅購入になるように気を配ってみてください。
ぜひ今回の記事を参考に、失敗しないリフォーム物件選びの注意点を把握した上で候補を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 0
  • 1
  • 8
  • 9

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.