トップページスタッフブログ営業推進部不動産のプロが解説!新築と中古で違う?消費税について解説!

スタッフブログ

不動産のプロが解説!新築と中古で違う?消費税について解説!

「消費税が上がる前に住宅を購入するべき?」
「新築物件と中古物件で違いはあるの?」

このようにお悩みの方はいませんか?
日本では2019年10月に消費税の引き上げが予定されています。
大きな買い物をすればその分影響が大きくなるので注意が必要ですよね。
今回は消費税増税の影響と新築・中古の違いについて詳しくお話します。

□消費税増税とは?


日本では2019年10月に消費税が8%から10%に引き上げられる予定です。
高い金額の買い物であるほど影響が大きいので、マイホームの購入を考えている人にとっては重要な問題ですよね。
では具体的に新築と中古物件の増税の影響の違いについて見ていきましょう。

□新築物件と中古物件の違い

*新築物件


例えば新築物件を4000万円の価格で購入するとしましょう。
消費税が上がると今まで4320万円で購入できたものが、4400万円にまで費用が上がってしまうのです。
突然80万円もの消費税がプラスされるのは家計にとって大きな負担ですよね。
そのほかにも仲介手数料にも消費税がかかるため、家の購入に必要なお金はトータルで数十万円から百数十万円程上がります。
ですがその損失を緩和してくれる制度がある事をご存知ですか?
それが住宅ローンの控除です。

「住宅ローンの控除」
住宅を購入してから半年以内にその物件に入居し、その後も住み続けることで最大10年間で400万円の控除を受けられる制度です。
税率の引き上げで受けた家系のダメージを緩和してくれます。

*新築物件はいつ買うべきか?


増税前の安いうちに家を購入したいと思う方がほとんどですよね?
ですが急いで家を買うとかえって費用が高くつく場合があるんです。
現在は駆け込み需要が増えており、物件の価格が上昇傾向にあります。
増税後に価格が落ち着いてから、住宅ローンと併せて購入した方がお得になるケースも中にはあります。
現在マイホームの購入はむやみに焦らず、しっかりリサーチをしてから決めた方が良いでしょう。

*中古物件


中古物件の購入は消費税の影響を受けないことが多いです。
何故なら中古物件は売主が個人であるため、そもそも消費税の課税対象ではないのです。
ただし、不動産業者が中古住宅の売り主となっている場合は、消費税がかかるので気を付けてください。
中古物件の購入を考えている方は焦って物件を決める必要はなさそうです。
特に増税前の駆け込み需要が増えている現在は住宅の価格が上昇傾向にあります。
つまり中古物件を購入したい方は増税後物件の価格が落ち着いてから物件を探した方がお得だということです。

□まとめ


今回は消費税増税の住宅への影響と新築と中古物件の違いについてお話しました。
増税前の今だからこそ、しっかりと見極めてからマイホームの購入を考えましょう。
これから住宅の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 0
  • 1
  • 8
  • 9

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.