トップページスタッフブログ営業推進部須賀川市の不動産が解説!木造住宅の耐震性について

スタッフブログ

須賀川市の不動産が解説!木造住宅の耐震性について

「木造住宅の耐震性って大丈夫なの?」
「木造住宅って壊れやすいの?」

このような疑問をお持ちの方はいませんか?
新築の家を購入する時、木造住宅を購入するか否かでお悩みの方も多いのでは?
今回はそんな方のために木造住宅の耐震性や耐久性について詳しくお伝えしたいと思います。

□木造住宅とは?


「木造住宅」って何か詳しくご存知ない方も多いのでは?
木造住宅とは文字通り木材によって建てられた住宅のことを意味します。
「木造軸組工法」「2×4 工法」などといった種類の工法があります。

*木造軸組工法とは?


木造軸組工法とは木材によって家の柱を作り、それを組んで立体的に家の骨組みを作っていく工法です。骨組みから家を支えていく建て方ですね。
一般的に2×4 工法やコンクリート建築の家に比べると耐震性や耐久性は落ち流といわれていますが、腕のいい熟練の大工さんに依頼すれば、耐久性・耐震性の面でも安心して暮らせる家になります。
大工さんの技術や腕によって家の完成度に差が出てしまうのが難点ですね。
木造軸組工法で家を建てる時は信頼できる業者に依頼しましょう。

*2×4 工法


2×4 工法とはハウスメーカーの工場で図面をもとに作られた木材の各パーツを組みわせて家を建てる工法です。
分かりやすく言うと面から家を支える工法ですね。
現在の耐震の考え方は家の面のバランスを重視するので、木造軸組工法に比べて耐震性や耐久性が高いことがメリットです。
新築の家を購入する際は2×4 工法で建てられた家を選ぶ方がいいかもしれません。
面を固定してしまうので他の家に比べてリフォームやリノベーションをする際に方法が限られてしまうのが少々残念な点ですね。

□耐震性や耐久性を上げるには?


木造住宅がいくら丈夫だとはいっても、大地震に備えて頑丈な家に住みたいものですよね。
特に分譲住宅や戸建て住宅を購入した場合、後から耐震性が気になることもあるでしょう。
既存の木造住宅の耐震性や耐久性を上げるには耐震リフォームがおすすめです。
耐震リフォームによって基礎・土台・柱の補強や木材の接合部分、壁を補強をすることで家全体の耐震性を飛躍的に向上させることが出来ます。

□まとめ


今回は木造住宅の耐震性や耐久性について詳しくお話しました。
木造住宅だからといって、他の住宅に比べて耐震性や耐久性が大きく劣る事はありません。
特に2×4工法で建てられた家は耐震性に優れており、多くの家にこの工法が使われています。
これから家を購入する方はぜひ参考にして下さいね。

  • 0
  • 1
  • 8
  • 9

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.