トップページスタッフブログ営業推進部須賀川市の不動産屋が解説!木造住宅の寿命とは?

スタッフブログ

須賀川市の不動産屋が解説!木造住宅の寿命とは?

「木造住宅ってどれくらい長持ちするの?」
「新築の木造住宅を購入しても大丈夫?」

このようにお悩みの方はいませんか?
念願のマイホームを購入する時はどんな家が良いか迷ってしまいますよね。
後々になって、問題が出てきてしまうと後悔していまうことになるでしょう。
そこで今回は、木造住宅の寿命について詳しくお話します。

□木造住宅とは?


「木造住宅」って何か詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか?
木造住宅とは文字通り木材によって建てられた住宅のことを意味します。
「木造軸組工法」「2×4 工法」などといった種類の工法で建てられたものがあります。

*木造軸組工法


在来工法とも呼ばれる、日本の伝統的な工法です。
立体的に家の骨組みを作っていく工法で、皆さんがイメージしている家づくりに近いのではないでしょうか?
また、耐久性が低いと言われることがありますが、腕の良い職人さんに依頼できれば、長い間に安心して住み続けることができますよ。

*2×4 工法


2×4 工法とは、木材のパーツを工場で作り、そのパーツを組み合わせていく工法です。
柱ではなく、面で家を支えるので木造軸組工法に比べて耐震性や耐久性が高いことが特徴になっています。
そのため、耐震性や耐久性を重要視される方は、2×4工法を検討されると良いでしょう。

□建物の寿命とは?


それは建物の寿命という言葉の解釈です。
寿命はその建物が存在していた期間であり、耐用年数ではないと言う事です。
木造住宅は平均で30年を目安に取り壊されることが多いです。
ですが、それは木造住宅がたった30年しか持たないと言う意味ではありません。
住む人がいなくなったり、大規模なリフォームで一度建物を取り壊すこともあります。
このような原因によって木造住宅の寿命は30年という数字が出てくるのですね。

□木造住宅の寿命


木造住宅の寿命は30年から80年と言われています。
コンクリート構造の住宅が40年から90年以上であるのに比べて、寿命が短いと思われる方も多いのではないでしょうか。
ですが実際は50年以上、長くて80年以上持つのではないか言う意見もあります。
先ほども述べたように建物の寿命という言葉の解釈が問題なのです。

□まとめ


今回は、木造住宅の寿命について詳しくお話しました。
コンクリート建築の住宅に比べると耐久性は落ちてしまいますが、木造住宅でもしっかりと建てられたものは長持ちしますよ。
これから住宅を購入する方は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 0
  • 1
  • 8
  • 9

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.