トップページスタッフブログ営業推進部中古マンションを購入する際に必要な諸費用をまとめました

スタッフブログ

中古マンションを購入する際に必要な諸費用をまとめました

「新築のマンションを購入するのは高いかもしれないけれど、中古だったら新築よりも安く購入できるのではないか?」
そう思って、中古のマンションを購入することを考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、中古マンションを購入する際に必要になる諸費用についてご紹介します。

□物件価格だけじゃない!必要な諸費用の種類

中古のマンションを購入する際にかかる費用は、物件価格だけではありません。
ここでは、必要となってくる諸費用の種類や相場を見ていきましょう。

*税金関係

中古のマンションを購入するという契約時に10000円、決済を行うときに20000円の印紙税がかかります。
その他にも、決済を行うときには「登録免許税」という名目の税金が170000円かかります。
また、国に納めるのではなく、市町村に納める必要がある、「固定資産税」や「都市計画税」といった税金もあります。
「固定資産税」には約220000円、「都市計画税」は約38000円必要です。
さらに、決済が完了した後でも税金を納めなければいけません。
都道府県に60000円の「不動産取得税」を納める必要があるのです。

*保険関係

決済時には、保険関係の様々な費用が必要になります。
まず、住宅ローンを組むための「ローン事務手数料」を金融機関に支払わなければいけません。
相場は32400円程度です。
またローン関係ではもう一つ、ローンが支払えなくなった時のための『ローン保証料』として約450000円を保証会社に支払わないといけません。
さらに、家が被災にあったときのために保険に入っておく必要があります。
その保険料として「火災保険料」を約130000円支払う必要があります。

*業者関係

「仲介手数料」は諸費用の中でもかなり大きな金額を占めます。
中古マンションの売買の仲介をしてくれた不動産会社に、約1000000円を支払うことになるのです。
また、マンションを購入するときには、登記が必ず必要になりますよね。
登記をご自分で作成するという方は少なく、プロである司法書士に依頼することがほとんどです。
登記の手続きをしてもらう際に発生する「登記手数料」も決済を行うときに支払いましょう。
これには約150000円程度の金額が必要になります。

□最後に

今回は、中古マンションを購入するときに必要になる諸費用についてご紹介しました。
すべての費用を合計すると、諸費用だけで約2250000円にもなります。
中古のマンションの購入を考えている方は、物件価格だけではなく他にかかる費用も合わせて考えておくと良いでしょう。

  • 0
  • 1
  • 8
  • 9

新規会員登録

LINEでらくらく物件探し!会員登録で新着物件や価格改定などお得な情報をいち早くGET!問い合わせなど面倒なやり取りはこちらからどうぞ!お友だち登録よろしくお願いします。


ページの先頭へ

Copyright(C) 郡山不動産情報ナビ All Rights Reserved.